"つまり、「条件」や「ルール」や「罰則」等を完全に撤廃して何でも自由に競争しろというのは、強者が弱者を「合法的に抹殺する」ための仕組みなのである。"

流石原田知世。ゴンチチプロデュース、2001年ForLife。

やっぱりおしゃれだよなあ。この人が絡むとおしゃれなのか、周りの人がおしゃれなのか。

Patti Austin といえば、これだよね。凄いリバーブ感だけど、正しいのかなこれは?

へー、Patti Austinが歌ってるんだ。1988年ってつやつやでいいよね。DX7が時代を語ります。

え、Steely Danってこんなに髪長い人だったんだ。っていう発見があるから当時の映像って貴重。音源とあってなくても。

AORって奴を改めて聞いてみようかと思う。

De La Soulにつながっていってしまうんだよ。

nakedatthewrongtime:

Pacific Crest & Blue Stars - 2012 - Drumline Battle

Proving the greatness of Mapex drums

http://www.amazon.co.jp/dp/4641076499

M2の先輩に教えてもらい早速読んでます。

一橋大の伊丹 敬之先生著。今から研究計画書に取り組むこのタイミングで読めて良かった。論文とはどうあるべきか、研究のテーマはどのように探すのか、など目からうろこ。

大学時代に60-70年代のレコードを掘っていましたが、その行為に似ているのかもしれない。すきなアーティストをとにかく発見してアルバムを買う。その人の過去にさかのぼってアルバムを買ったり、同じアルバムで参加しているアーティスト、例えばドラムの同年代の作品を聞いてみたり、そのアーティストの曲のカバーをやっている他のアーティストの作品を聞いてみたり、同年代の他のアーティストを聞いてみたり。そうやって掘り進んでいったんだよな、と。

印象的なフレーズをいくつか。

  • 犬も歩けば棒に当たる
  • 面白い事を追う。不思議な事を探る。どちらかを選ぶ
  • とっぷりと風呂につかる。
  • 知識が増えると目が曇る
  • 理論を学ぶ。次に現実、抽象化から理論化へのステップを学ぶ
  • 理論とは2つの部分から成る。概念の集合体と概念と概念の間の関係
  • 説明するとはデータをたくさん集めたり、歴史的事実を積み重ねる
  • 精度をあわせる。眼鏡の解像度、分析対象、データと結論の3つの精度
  • レポートと論文の違いは、レポートは教育のプロセスの成果を表したもの。論文は社会の中に新しい知見を加えたもの

http://www.amazon.co.jp/dp/4534039484

これはめちゃくちゃわかりやすい。ファイナンスの基礎とエクセルを使った計算方法が非常にわかりやすく記載されている。

金融工学のポートフォリオに関する課題はこの書籍をベースに考える事が出来た。

木島先生の著書。CDROMにエクセルのワークシートが入っていて、例題を解きながら理解できる。ファイナンスとは異なるが、5章の統計手法の基礎はその名の通り基礎を改めて学べる。